うえき矯正歯科

こどもの歯列矯正治療例

うえき矯正歯科|こどもの矯正治療の実例

矯正治療例
Case

治療例は、患者さんおよび保護者の
同意を得て掲載しています。

当院の実例

  • 3歳7か月の女の子

    受け口を歯列矯正用咬合誘導装置「プレオルソ」で治療した症例

    1. 主訴:前歯が反対咬みになっている。
    2. 診断名:歯性反対咬合(しせいはんたいこうごう)
    3. 治療に用いた装置:歯列矯正用咬合誘導装置「プレオルソ」

    詳しくはこちら

  • 7歳3か月の男の子

    骨格的な受け口を上顎前方牽引装置(じょうがくぜんぽうけんいんそうち)で治療した症例

    1. 主訴:上下の前歯が反対咬み(受け口)になっていて、下あごがしゃくれている気がする。
    2. 診断名:骨格性反対咬合(こっかくせいはんたいこうごう)
    3. 治療に用いた装置:上顎前方牽引装置

    詳しくはこちら

  • 8歳8か月の女の子

    上下の歯並びを広げて、ガタガタを改善した症例

    1. 主訴:前歯のガタガタが気になる。
    2. 診断名:前歯部そう生(ガタガタ)、上下顎狭窄歯列弓(歯列がせまい)
    3. 治療に用いた装置:クワドヘリックス、バイヘリックス、拡大床(かくだいしょう)

    詳しくはこちら

  • 10歳5か月の男の子

    出っ歯と深いかみ合わせを、アクチバトールを用いて治療した症例

    1. 主訴:上の前歯が前に出ている。下あごが小さい。下の前歯が上あごに当たって痛い。
    2. 診断名:骨格性上顎前突(こっかくせいじょうがくぜんとつ)、過蓋咬合(かがいこうごう)
    3. 治療に用いた装置:アクチバトール

    詳しくはこちら

  • 13歳2か月の女子

    ガタガタと上下の前歯の突出をマルチブラケット装置(抜歯治療)で治した症例

    1. 主訴:前歯のガタガタと、口もとが出ていて見た目が気になる。
    2. 診断名:叢生(そうせい)、上下顎前突(じょうげがくぜんとつ)
    3. 治療に用いた装置:マルチブラケット装置

    詳しくはこちら

  • 16歳2か月の女子

    軽度の前歯のガタガタをマウスピース型矯正装置(非抜歯)で治した症例

    1. 主訴:上下の前歯のガタガタが気になる。見た目が悪い。
    2. 診断名:上下顎軽度叢生
    3. 治療に用いた装置:マウスピース型矯正治療「インビザライン」

    詳しくはこちら

診療時間
Time Schedule

診療時間 日祝
10:00~13:00 / ※1 /
14:30~18:30 / /

休診日:木曜・日曜・祝日 
※1 土曜日は9:00からスタート
※2 特別診療日
【午前】9:00~13:00 【午後】14:30~17:30
※完全予約制。ご予約は前日までにお願いいたします。
但し、矯正装置トラブル等の際は、まずお電話にてご相談ください。
※診療時間と診療日は、変更になる場合がございます。

ページ上部へ戻る