福岡市早良区の日本矯正歯科学会の認定医|うえき矯正歯科こども歯科

  • 福岡市早良区の矯正歯科・小児歯科の専門医|うえき矯正歯科こども歯科
  • はならびみなみなニコニコ
  • 無料相談はコチラ

日本矯正歯科学会 認定医とは

  • 日本矯正歯科学会における認定医制度は、矯正歯科医療の水準を維持し向上を図ることにより適切な医療を提供することを目的として1990年に創設されたものです。この認定医の資格は、学会が認めた大学病院や矯正歯科医療機関において5年以上にわたる臨床経験を有し、学会発表などを行って審査に合格した者に与えられます。
    うえき矯正歯科こども歯科 は日本矯正歯科学会の厳しい認定基準である「認定医」を取得している上、歯学博士を取得しております。
  • 日本矯正歯科学会認定証

院長ごあいさつ(日本矯正歯科学会認定医・歯学博士)

  • この度、早良区次郎丸に歯科医院を開業いたしました、院長の植木猛士(うえき たけし)と申します。当院は、矯正歯科と小児歯科が融合した新しいスタイルの歯科医院です。むしば治療や予防処置から歯並び治療まで、お子様のお口の中を総合的に診療致します。成人矯正も行っておりますので、何なりとお気軽にご相談ください。
    乳歯のむしば治療や予防処置は小児歯科医、歯並びの治療は矯正歯科医が行うのが一般的です。つまり小児歯科に通院していても、本格的な矯正治療が必要となったときには矯正歯科医にバトンタッチしなければなりません。当院では矯正歯科と小児歯科、どちらも専門的に行いますので、大人になるまで安心して一貫性のある治療を受けることができます。
    うえき矯正歯科こども歯科
    院長・博士(歯学) 植木 猛士(うえき たけし)
  • 院長・博士(歯学) 植木 猛士(うえき たけし)写真
Profile
経歴
  • 1998年 岡山県立津山高等学校 卒業
  • 2004年 福岡歯科大学 卒業
  • 2009年 福岡歯科大学大学院(矯正歯科学専攻 博士課程) 修了
  • 2009年 福岡歯科大学成長発達歯学講座矯正歯科学分野 助教
  • 2012年 医療法人宝歯会 勤務(矯正歯科診療部長)
  • 2018年 うえき矯正歯科こども歯科 開院
所属
  • 日本矯正歯科学会認定医(第3211号)
  • 九州矯正歯科学会会員
  • 日本小児歯科学会会員
イメージキャラクターについて
うえき矯正歯科こども歯科イメージキャラクターカッパの「ごんごちゃん」
当院長の出身地である岡山県津山地方では、カッパのことを方言で「ごんご」と呼び、津山市民にとってカッパはとてもなじみ深い存在です。カッパは古来より、幸福を呼びとても縁起が良い存在であるとの言い伝えがあります。また、カッパは万能薬を作るとも言われています。我々は、当院に訪れるすべての患者さんの痛みや不安が解消して幸せが訪れることを願い、カッパの「ごんごちゃん」をイメージキャラクターとしています。

当医院の特色

矯正歯科・小児歯科、この2つの診療科を両方とも専門的に行っております

歯のはえ替わりやあごの成長に問題がある場合、小児歯科専門医院で装置を使ってうまくはえ替わるように誘導したり、あごの成長をコントロールしたりすることがあります。しかし、中学生以降になったら仕上げの矯正治療を矯正歯科専門医院へ紹介されてしまうことがあります。せっかく長期にわたって通院したのに、全く違う医院に紹介されたら治療方針や費用などの面でとても不安ですよね。「小児歯科」と「矯正歯科」は切っても切れない関係です。当院ではこの2つの診療科を両方とも専門的に行っておりますので、子どもから大人まで一貫した治療を受けることが可能です。

診療内容
子どものムシ歯治療や歯周治療、予防処置(フッ素塗布、シーラント、歯のクリーニング)、歯のはえ替わりの誘導、歯列周囲の筋肉トレーニング(MFT)、あごの成長のコントロール、大人の矯正治療、部分矯正治療、など

子どものムシ歯は痛いだけじゃない!

「歯医者さんに行く」というのは、大人でもストレスに感じることが多いと思います。お子様であればなおさらストレスは大きくなります。当院ではできるだけお子様がストレスを感じず「また歯医者さんに行こう」と思っていただける環境作りを日々考えています。
「子どもの歯はいずれはえ替わるからムシ歯になっても大丈夫。」と思っていませんか?乳歯のムシ歯を放置していると根っこまでムシ歯菌が進行し、その下からはえてくる永久歯がムシ歯になってしまうことがあります。また歯と歯の間にムシ歯がある
と奥歯が前に倒れ込んできて、結果として永久歯がはえるスペースが足りなくなることがあります。つまり、せっかくもともと良い歯並びでもムシ歯が原因でガタガタの歯並びになることもあるのです。乳歯のムシ歯は永久歯よりも進行が早く、気付いたときにはすでに深刻な状態になっていることもあるので、自分自身の毎日のブラッシングに加え、「歯科医による月1回の定期健診」に来院してもらうことをおすすめします。

矯正医選び 4つのポイント

費用に納得できるか?
矯正治療は保険診療ではないため、高額な治療となります。治療費や支払い方法は医院によりさまざまです。地域によっても差があり、都会に行くほど高い傾向があります。トータルでいくらくらいかかるのか、しっかり説明を受けて自分で納得できる金額の医院を選んでください。
通院しやすい場所か?
矯正治療は長期的な治療となり、1か月に1回程度のペースで数年間通院する必要があります。遠方の医院に通い続けるのは大変なので、できるだけ自宅や学校、職場から近い医院がよいでしょう。また進学や転勤で引っ越しの可能性がある場合は治療を継続できなくなることがありますので、長期的に通院できる見通しがたってから矯正治療を開始することをお勧めします。
信頼できるドクターか?
この判断が最も重要かつ難しいでしょう。歯科医師免許さえあれば法律上は矯正治療を行ってもよいのですが、矯正治療は専門性が高いため、ドクターがしっかりした治療をできるようになるまでには長期間の勉強と経験が必要となります。ドクター選びを失敗すると治療を受けたあとで後悔することもありますので慎重に選ぶ必要があります。一つの判断基準として、「日本矯正歯科学会認定医」のドクターかどうかがポイントとなります。この認定医資格は、一定期間以上歯科大学病院の矯正歯科で勤務し、規定数の症例の治療を完了し、厳しい試験にパスしなければ得ることができません。日本矯正歯科学会のホームページで全国の認定医が閲覧できますので、参考にしてみてください。また、アルバイトのドクターの場合、装置が外れた時や痛みが強い時などの緊急時に対応できないことがありますので、常勤ドクターであることが望ましいと考えられます。
治療方法に納得できるか?
矯正の治療内容や使用する装置は、医院により多少異なることがあります。ドクターの話を聞いてみて、不安なことや要望があるときは何でも相談してみることをお勧めします。

植木猛士院長写真

  • 無料相談・セカンドオピニオンを受け付けております

    • ●歯科矯正の治療費用はいくら掛かるの?
    • ●歯科矯正ってどのくらいの期間治療するの?
    • ●今現在通っている矯正歯科に不安を感じている
    • ●以前受けた矯正が元の状態に戻ってしまった
  • など、こんな矯正に関するお悩みはありませんか?
    矯正に関するご相談はお気軽にご連絡ください。
  • 植木 猛士Takeshi Ueki
    うえき矯正歯科こども歯科 院長 | 博士(歯学) | 日本矯正歯科学会認定医
    • 0928743322
    • メールでの無料相談はコチラ

ページトップへ

ホームへ